私の最も尊敬する先生!!!

d0060241_0435882.jpg

私がデザイン専門学校の一年生の時の、担任の先生です!!!

私は、中・高校生と美術部に所属し、でも飽きたらず、学校の授業中もひたすら色鉛筆やペンを広げ、絵を描いてました(^_^;)

悪い子でした。
せっかく両親が高いお金を出して、学校に通わせてくれたのに…。
自分が親になって初めてわかる。
ごめんなさい。

絵を描きたい気持ちを抑えきれず、夜な夜な描いて、机で寝ることもしばしば。

コツコツコツコツしてたお陰で、少しづつですが、私の絵を知ってくれている方が、増えてきた感じがします。

涙が出るほど嬉しいです。

話は戻りますが、担任の近藤達雄先生は、ひとりひとりをちゃんと見てくれ、良いところを伸ばし、悪いところを指摘してくれる。
私にとっては尊敬と憧れ、大好きな先生です!!!

先生がこの本を書くに為に、二年生の担任を外れ、辞めてしまったんです。
その時は、悲しくて悲しくて胸にぽっかり穴が開き泣いていました。

しかし、凄く素敵な事に14年振りに再会でき、今までの気持ちをぶつけてこれました!

やっぱり先生は大きくて、私の心の悩みを一瞬で消してくれました(^-^)/

そして、長々沢山話して、お昼までご馳走になり、夢の様な1日でした(*^_^*)

近藤達雄先生の書いた『ドローイング』は、これから絵を描く人は勿論、描いている人にも、凄く分かり易く、内容が濃いのでお勧めです(*^-^)b


よしっ!
私も苦手なデッサンを頑張らなきゃ!
先生ありがとう!
[PR]
by hiromi_makie | 2011-04-06 00:43 | けいたい | Comments(0)