やっと書けること。

d0060241_6583024.jpg

私には昨年秋大切な方を亡くしました…。

その方は5年くらい前のイベントで知り合った方でした。


とても品良く、それでいて明るく、いつもニコニコ(^-^)人として大きな器を持った人間的に素晴らしい方でした。


私の蒔絵を気に入ってくれ、毎月1枚オーダー頂いてました。

奥様が無くなられたお仏壇に飾りたいとの事。

いつも綺麗に咲いているお花を見せてあげたいとの事。

いつもお二人の思い出のお花の絵を希望されてました(^_^)

なんて素敵なんだろう。


その方は私のおじいちゃんが生きてたら、それよりちょっと若い位の年で、癌と言う病気を思わせないくらい元気で、色んな話をしてくれました(^-^)

毎回あっという間で、1時間位お茶頂いてました(*^_^*)


優しいおじいちゃんって感じで慕ってました。



私が出産育児などで、オーダーが遅れがち(かなり;_;)になっても一切催促せず、私の事を思ってくれ、いつもニコニコしてくれました。





ある日、いきなり胸騒ぎがして、その方に電話。


亡くなる1日前でした…。


もうその時は電話に出られる状態ではなく、付き添いの方が出てくれ、私からだと言ったら頷いてくれたそうです。


後日、娘さんにお会いし、今までのお礼をし泣きじゃくりました。(←泣きたいのは娘さんの方なのに。すみません。)

そしたら、その方はさすがおじいちゃんの娘さん!!!
めちゃくちゃ素敵な方でした(>_<。)

お世辞でも何でもありません!!!


まるでおじいちゃん(*^_^*)?←失礼?
いや!本当に素敵。

私は最後におじいちゃんに頼まれていた【小菊】の蒔絵をどうしても渡せなかったのが残念で、申し訳なくて…。
(この時はまだ仕上がってませんでした。と言うか、まだ手を付けてませんでした)

 

一周忌に呼ぶね。

の言葉を頂いた時、一年後に渡そう(この2ヶ月後に出産控えてたのと、切迫早産で体を動かせなかったので)と心に誓い、やっとこの間おじいちゃんに渡してきました。


もう。感無量…(;_;)。


精一杯のありがとうございますの気持ちで描かせて頂きました。



本当にありがとうございます(>_<。)


私は一生忘れません。
[PR]
by hiromi_makie | 2008-11-25 06:58 | 作品 | Comments(0)

HIROMI ART 23 イラストレーターひろみの作品紹介と、きままな日記です


by hiromi_makie
プロフィールを見る
画像一覧